« ★2006 Cup of Russia編★ | トップページ | 2006 NHK Trophy★FS編★ »

2006 NHK Trophy★SP編★

グランプリシリーズ最終戦、NHK杯がとうとうやってきました。
毎週末楽しませてくれた、スケーター達、ありがとう(笑)

今日は女子ショートプログラム。浅田真央、村主章枝、中野友加里が1位~3位を独占。会場も日本だし、何だか全日本とかを見てるみたいな錯角が起きるくらいです。これはもちろんすごいことなのですが、予想通りですね。フリーでどう入れ替わるかは分かりませんが、おそらく表彰台はこの三人で決まりだと思います。

ショートプログラム首位は、浅田真央
彼女の演技から見ていきましょう。彼女の今季ショートプログラム使用曲は、ショパン作曲「ノクターン」です。可愛いピンクの衣装がよく似合います。最初のジャンプは、ステップからのトリプルルッツ。少し右に傾いてしまいましたが、しっかり着氷して次の要素へ移っていけました。インタビューでは「緊張した、あのルッツは怖かった」というふうに話していました。スケーティングはやっぱりいつ見ても優雅ですね。きちんとした習得の仕方だからでしょう、緊張の中にあっても体がしっかり覚えていいるんですね。次はトリプルフリップ+トリプルループのコンビネーションジャンプ。これは高さも余裕もあって、しっかりと決まりました。三回転+三回転の成功率はかなり高いですね。次の要素はスパイラルシークエンス。安定感があってとても良かったと思います。ブレがないですね。最後のジャンプは、これもステップから入るダブルアクセル。これはもう完璧でしたね。そして足換えコンビネーションスピン。実況も言っているように、軸のブレがほとんど無いんですね。きちんとその場で綺麗に回っています。回転の速度やポジションも文句なし。ストレートラインステップシークエンスは、複雑なフットワークでありながらとても優雅でスムーズで、よく曲にも乗っていました。上半身や手の動きでの表現も素晴らしかったと思います。フライングシットスピンも軸がブレず、終盤でも回転速度が落ちていません。最後はレイバックスピン⇒ビールマンスピン。とても綺麗でした。片手のビールマンスピンは彼女の武器のひとつです。(他の人は大抵両手でブレード(刃)を掴んでいます)

得点が出たときは驚きました!!今まで見たこともないような数字…テクニカルエレメンツ(技術点)は40.30というものすごい高得点。やっぱり、高得点に繋がる要素を持っているし、スパイラルやスピンでも高いレベルを取れているということですね。プログラムコンポーネンツ(演技構成点)も29.20という高い得点がつきました。5つの項目全て7点台。これはもう本当にすごいの一言しか出てきません。合計は69.50、パーソナルベストを更新しました。もう70点を出す日も近いかもしれません!!

Asadamao6
(エッジで手を切っても動じない!!浅田真央PBでSP首位)

動画はコチラ↓
浅田真央 2006 NHK Trophy SP「ノクターン」

2位は村主章枝。ミスのない演技で安定感も抜群でした。
始まりから終わりまで、柔らかさと強さを併せ持てていましたね。そして音楽にきちんと合わせた身のこなしも素晴らしかったと思います。今季ショートプログラム使用曲はラヴェル作曲の「ボレロ」です。最初のジャンプはトリプルルッツ+ダブルトウループのコンビネーションジャンプ。余裕と安定感のある綺麗なジャンプでした。次はステップからのトリプルフリップ。これも高さがあってとても良かったです。次の要素はレイバックスピン。回転速度が速くて、ブレもありません。そして、スパイラルシークエンス。決して体の柔らかい選手ではありませんが、スパイラルは安定感も美しさもあっていつも高い評価を得ています。最後のジャンプはダブルアクセル。ほんの少し、着氷のときにバランスを崩しかけていますね。でもよく体をまっすぐにして踏ん張れました。スピード感、流れも変わらず保っています。次の要素フライングシットスピンはかなり高い評価を受けたと思います。素晴らしかったです。そして足換えコンビネーションスピンでは村主の持ち味の高速スピンも見せています。スピンもやっぱりかなり安定感があって上手ですね、彼女は。最後はストレートラインステップシークエンス。これは盛り上がるボレロの曲調に乗って、力強く深いエッジを使ってステップを踏んでいました。ステップそのものも体の動きもとても複雑で、また美しかったです。

得点は、テクニカルエレメンツが33.20。浅田に比べるとやはり低いですが、三回転+三回転やビールマンスピンなしでもここまで高い得点が出せるのはすごいことです。そしてプログラムコンポーネンツは28.27。「技と技のつなぎ」という項目以外は全て7点台をそろえています。ショートプログラムの得点(合計)は61.92、浅田真央に次いで2位につけました。この2位を明日のフリーでも守ることができれば、グランプリファイナル出場が決定します。今の時点ではファイナル進出権獲得の可能性はかなり高いと思います!!頑張ってほしいですね。

Sugurisp
(ノーミスの演技で2位につけた村主章枝)

動画はコチラ↓
村主章枝 2006 NHK Trophy SP 「ボレロ」

3位は中野友加里。プレッシャーからか、思わぬミスがありました。
彼女の今季ショートプログラム使用曲は、映画SAYURIのサウンドトラックより「Memoir of  a Geisha」です。手の仕草で傘や扇子を表すなど、日本的な部分の演出にこだわったようです。最初のジャンプはトリプルルッツ+ダブルトウループのコンビネーション。これは綺麗でした。次はステップから入るトリプルフリップ。これも良かったです。昨季よりもジャンプがスムーズに跳べているように感じますね。続く要素は足換えのコンビネーションスピンで、彼女の見せ場のひとつなのですが、バランスを崩してしまいました。点数の稼ぎどころとなるはずが、レベル1という結果になってしまいました。これは残念…。そしてスパイラルシークエンス。これはとても高い評価を受けました。レベル4でGOEでも加点されましたね。彼女もさほど体の柔らかい選手ではありませんが、素晴らしいスパイラルを見せてくれます。続くレイバックスピンでは、今季から取り入れたビールマンスピンを披露。ここでもレベル4を獲得しています。綺麗なポジションと安定した回転速度がすごく良かったです。ストレートラインステップシークエンスはもう少し工夫があってもいいかなとは思いましたが、動きはとても良かったです。そして最後のジャンプはイーグルからのダブルアクセル。彼女の得意なアクセルジャンプですから、余裕と高さがあって素晴らしかったです。音楽ともよく合っていましたね。最後はフライングキャメルスピン。彼女の最大の持ち味、ドーナツスピンをここで披露しています。今回はスピンでの加点が少なかったのが残念でした。

得点は、やはり技術点にミスが響いてしまいましたね。もっと高得点をとれる選手なんですけどね。テクニカルエレメンツは30.06。そしてプログラムコンポーネンツは26.80。全項目6点台ですね。中野も村主同様2位以上でグランプリファイナル出場権獲得ですから、少し残念な滑り出しとなってしまいました。明日のフリーではトリプルアクセルに挑戦してくる可能性も高いと思います。

Nakano06nhk_1
(フリーに勝負をかける前年チャンピオン、中野友加里)

動画はコチラ↓
中野友加里 2006 NHK Trophy SP「Memoir of a Geicha」

日本人選手が上位を独占しました。注目は、グランプリファイナル出場権争いです。浅田はこの首位を守らなければ無条件でのGPF進出はありません。村主と中野は(浅田の出来次第ではありますが)2位争いを強いられます。全てが決まる明日のフリー、楽しみです!

ジャッジスコアはこちらです

|

« ★2006 Cup of Russia編★ | トップページ | 2006 NHK Trophy★FS編★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174407/4408366

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 NHK Trophy★SP編★:

« ★2006 Cup of Russia編★ | トップページ | 2006 NHK Trophy★FS編★ »