« 2006 Cup of China★FS編★ | トップページ | 2006 Trophee Eric Bompard★FS編★ »

2006 Trophee Eric Bompard ★SP編★

今年のフランス杯は、予想通り&期待以上!
ショートから見ごたえたっぷりです!

ショートプログラム首位は韓国の金妍兒

昨季から滑っているこのプログラム。ますます素晴らしくなっています。スケートカナダでも首位でしたが、得点も出来もそれを上回りました。前回は1番滑走、今度は最終滑走です。それでも動じない、強い精神力も持っています。最初はトリプルフリップ+トリプルトウループ。高さがあって、綺麗な回転と着氷、そして流れもあった、完璧なジャンプでした。ジャッジからもかなり高い評価を受けたと思います。スパイラルシークエンスも良かったです。手足の長さがまたすごい(笑)フライングシットスピンはポジション、回転速度ともに文句なし。安定感がありました。2つ目のジャンプはステップから入るトリプルルッツ。これも完璧!!タンゴのリズムに乗ってのストレートラインステップシークエンスはこれからまたマイナーチェンジしてくると思います。ここでもっと複雑なステップや上半身の動きが入ってくれば技術点は上がってくるでしょうね。表現力が素晴らしい!!表情、手の動かし方、身のこなし、音楽に合わせた表現…どれをとってもシニア世界大会初参戦の選手とは思えないレベルの高さがあります。金妍兒の表現力にはいつも惹き込まれます。次の要素はレイバックスピン。途中からはビールマンスピンに変わっていきます。彼女のレイバックは力強いですね。ビールマンはとても綺麗。安定感があります。最後のジャンプはイナバウアーからのダブルアクセル。この「からの」が重要なんですwこれが難しい。彼女も浅田真央やキミー・マイズナーと同じくトリプルアクセルを跳べる選手ですから、ダブルアクセルはもう余裕そのものですね。最後の足換えコンビネーションスピン、これも高いレベルがつくと思います。本当に見事な演技でした。

得点はテクニカルエレメンツが37.70 、そしてプログラムコンポーネンツが27.52。合計は65.22です。これはパーソナルベストですね。テクニカルエレメンツはかなり高い得点がつきました。プログラムコンポーネンツがもう少し伸びてくるといいですね。7点台を揃えられるようになるとこの選手はもう敵なしになるでしょうね。どちらも備わっている…というのが理想ですが、今の段階でもかなり優れたスケーターです。若干16歳ですからね。この調子で明日のフリーも頑張ってほしいと思います。フリー曲の「あげひばり」は、金妍兒にぴったりの優雅で繊細な曲ですからね。楽しみにしたいと思います。SP1位⇒総合3位という妙な今季GPSのジンクスを跳ね除けていってほしいです!!

Kimsp_1
(フランス杯でもSP首位!GPS初優勝を目指す金妍兒)

動画はこちら↓(YouTubeより)
金妍兒 2006 Trophee Eric Bompard SP「Tango de Roxanne」

首位に0.2点差という僅差で2位につけた安藤美姫

もう完全に馴染んだシェヘラザードを今回も披露しました。見ていて思いますが、ユナや真央のような少女スケーターではなく、もう完全に大人のスケーターになりましたね。このフランス杯で表彰台に上がればグランプリファイナル出場権獲得が決まりますが、それはもう間違いないでしょう。最初の要素はコンビネーションジャンプ。トリプルルッツ+トリプルループという難しい組み合わせを、しっかり決めました。これだけで基礎点が11点ありますからね。おそらくGOEで加点されていると思います。続くトリプルフリップも綺麗に成功。ジャンプはもう確実に跳べるようになってきましたね。高さも流れもありました。そして、レイバックスピンからビールマンスピン。ここは本当に見るたびに「綺麗だなぁ」と思わせてくれます。表現力も増してきていますね。最後のジャンプ、ダブルアクセルも良かったです。スパイラルシークエンスは本当に磨きがかかりましたね。去年が嘘のようです。Campbell'sでもスケートアメリカでもかなり高い評価を受けました。おそらくここでも同じく高評価を得るでしょう。スパイラルを見ていて思いますが、体が締まりましたね。フライングシットスピンも完璧。回転速度もポジションも安定していました。そして力強くスピーディーなストレートラインステップシークエンス。全身を使えていますね。どうして氷の上であんなに速く動けるんだろう?と見ていて思わず口に出してしまいました(笑)足が絡まったりしないのが不思議…!!最後の足換えコンビネーションスピンは圧巻でした。いろんなポジションを入れた複雑なスピンを見せてくれましたね。彼女らしいプログラムが、シーズン中盤にもう完成しつつあるのを感じました。

得点はテクニカルエレメンツが36.70と金妍兒を下回りましたが、プログラムコンポーネンツは28.32と安藤が上。技と技のつなぎの項目以外は全て7点台です。安藤は両方をバランスよく取れていますね。合計では65.02と金妍兒に0.2点だけ及びませんでした。フリーはほぼ同点で臨むわけですね。本当に熾烈な戦いです!!安藤のフリーは、メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲。これももう馴染んできているはずなので、またスケートアメリカのような素晴らしい演技を見られそうです。ただ、腰を痛めているという話もあるので、そこは少し心配です…。

Mikitebsp
(GPF出場に王手!2位に着けた安藤美姫)

安藤美姫 2006 Trophee Eric Bompard SP「Sheherazade」

三位はカナダのジョアニー・ロシェット
スケートカナダでは、ショートプログラム5位から見事な逆転優勝を見せました。安藤と同じく、グランプリファイナル進出に王手をかけています。ショートプログラムの曲は「リトルウィング」。ロックを使ってきましたね。衣装は可愛いピンク。綺麗な髪や瞳の色にもよく映えています。最初のジャンプは、トリプルフリップ+ダブルトウループのコンビネーション。これはしっかり決まりました。彼女のジャンプは軸がしっかりしていて、基本に忠実。安定感がありますね。続くトリプルルッツも高さがあって良かったです。フライングシットスピンもスピード感がありました。最後のジャンプ、ダブルアクセルも成功。そして、レイバックスピン。ビールマンがなくてもしっかりと美しいレイバックを披露しました。ストレートラインステップシークエンスは音楽に乗っていて良かったです、もう少し改良できるかな。スパイラルシークエンスでは難しいエッジワークを見せていました。あまり体の柔らかい選手ではありませんが、魅力的なスパイラルを見せてくれます。最後の足換えコンビネーションスピンは少し軸が滑ってしまってマイナスの評価をされたかな?とも思いますが、ミスのない演技でした。

得点は、テクニカルエレメンツが32.88、プログラムコンポーネンツは27.04でした。時間超過による減点1が残念ですね。合計は58.92で、安藤美姫と金妍兒には少し差をつけられた感があります。それでもスケートカナダで見せたあの大逆転劇を思うと、まだまだチャンスはありますね。フリーでどんな演技をするのか、とても楽しみです。彼女はジャンプの回転が抜けてしまうことが多いんですね。スケートカナダ優勝のフリーでもシングルルッツとかになってたんです。それがなければかなり全体的に安定している選手です。

Rochette2
(今回も逆転優勝なるか?3位のロシェット)

ジョアニー・ロシェット 2006 Trophee Eric Bompard SP 「Little Wing」

キミー・マイズナーは4位。
スケートアメリカ2位の彼女も、グランプリファイナル出場を目指して「今度こそ」という思いでこのフランス杯に臨んでくることでしょう。不運にも衣装を入れた荷物が空港に届かないというアクシデントがありましたが、ショートプログラムのリンクには笑顔で登場しました。最初のジャンプはトリプルルッツ+トリプルトウループの予定でしたが、惜しくも転倒。これが響いてしまいましたね。次のトリプルフリップは綺麗に決まりました。彼女は動きそのものがとてもしなやかです。引き締まった体や高さのあるジャンプももちろん魅力的。レイバックスピンも良かったと思います。マイズナーのスパイラルシークエンスは手の動きも素敵。安定感もありますね。最後のジャンプはダブルアクセル。彼女もトリプルアクセルを跳びますから、ダブルは余裕ですね。フリーではトリプルが見られるかな??次の要素はフライングシットスピン。彼女はスピンも上手ですね。終盤に入り、盛り上がる音楽に乗ってのストレートラインステップシークエンス。これは動きがとてもしなやかです。全身を使えていますね。ただステップの後半少し元気がないかな、とも思いました。最後の足換えコンビネーションスピンはよかったですね。いろんなポジションが入っていて、複雑な組み合わせながらスピードがありました。何より、最初のコンビネーションジャンプのミスが残念でした。でもまだフリーで挽回できます。逆転のマイズナー、頑張ってほしいですね。

得点はテクニカルエレメンツが26.48で、プログラムコンポーネンツは27.08。合計は52.56と少し出遅れてしまいました。安藤美姫、金妍兒からだと10点以上の開きになってしまうんですね。でも、フリーで三回転+三回転始めジャンプをしっかり決められれば逆転の可能性はまだあります。何より、トリプルアクセルも持っていますしね。

Meissp1
(冒頭のジャンプで転倒もミスを引きずらなかった世界女王)

キミー・マイズナー 2006 Trophee Eric Bompard SP「Snow Storm」

やっぱりこの4選手が上に来ました。フリーではこの順位がどう入れ替わるのでしょうか。本当に見ごたえのある、おもしろい試合になりましたね、今年のフランス杯!!このリンク、何だか照明も少し落とした感じで、素敵ですね。ただ、解説の伊藤みどりが、視聴者にわかりやすい解説をしてくれるといいんですけどね(笑)「アップライトから…」とか言われてもってなりますよね(-_-;)分かる人にはもちろん分かるんだけど。結果が楽しみ♡

グランプリファイナル進出決定も出てきますね。安藤美姫はほぼ確定と言ってもいいかと思います。この4人全員にチャンスがあります。全員2戦目で、明日はプレッシャーもかかってくるかもしれません。思い出に残る大会になりそうな予感がします。誰が優勝してもおかしくない、レベルの高い戦いですからね。う~ん…やっぱりユナに頑張ってほしいなぁ…。

|

« 2006 Cup of China★FS編★ | トップページ | 2006 Trophee Eric Bompard★FS編★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174407/4249126

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 Trophee Eric Bompard ★SP編★:

« 2006 Cup of China★FS編★ | トップページ | 2006 Trophee Eric Bompard★FS編★ »