« 2006 Skate America★FS編★ | トップページ | 2006 Skate Canada★FS編★ »

2006 Skate Canada★SP編★

今週は第2戦、スケートカナダ。そのショートプログラムで首位に立ったのは、これがシニア世界大会デビュー戦となる韓国のキム・ユナです。キム・ユナは現世界ジュニアチャンピオンの16歳。日本の浅田真央のライバルと言われることも多い選手です。

キム・ユナのショートプログラム使用曲は、映画ムーランルージュより「Tango de Roxanne」。昨シーズンもこの曲だったので、本人は滑り慣れているでしょう。そのためか、落ち着いて滑ることができていました。1番滑走だったこともよかったかもしれません。村主章枝らベテランの演技を目の前で見るより先に自分の出番だったほうが、緊張しないかもしれませんしね。彼女も世界ジュニアの頃よりぐっと大人びた顔つきになりました。若い選手は試合に登場するたびに成長を感じさせてくれます。長身、長い手足、妖艶な身のこなしは本当に素晴らしいですね。表現力も以前より増したと思います。

最初のジャンプはトリプルフリップ+トリプルトウループのコンビネーション。これはとても綺麗に決まりました。下りた後の流れもあります。そして、三回転+三回転を跳んだのは彼女だけでした。序盤にスパイラルシークエンスを入れてきました。柔軟性も素晴らしいですね。ビールマンやキャッチフットの姿勢がとても綺麗です。これはレベル4。フライングシットスピンも良かったです。安定感、回転の速度、ポジションどれも抜群でした。彼女も音楽に合った表現が上手ですね。タンゴらしい表現をうまく取り入れています。次はステップからのトリプルルッツ。これは高さにも回転にも余裕があって完璧でした。次の要素、ストレートラインステップでは力強さを見せてくれました。エッジワークも綺麗。ふわふわ浮いてしまうようなステップの選手もいた中、彼女のステップは素晴らしかったですね。そして、レイバックスピン→ビールマンスピンも優雅でとてもよかった。最後のジャンプはダブルアクセル。五輪の荒川静香のように、イナバウアーの姿勢からジャンプに入っていました。トリプルアクセルを跳ぶ選手だけあって、ダブルは余裕。成功率が上がれば、これから先フリーでトリプルアクセルも見られることでしょう。これで3つのジャンプは全て成功しました。最後のコンビネーションスピンも、力強さは途切れませんでした。足換えもスムーズでしたね。ひとつひとつのポジションがとても正確です。

得点はテクニカルエレメンツが37.84とかなりの高得点。プログラムコンポーネンツは24.84とあまり伸びませんでした。こちらが伸びてくるともっと強い選手になってきますね。技と技のつなぎの点が5.90と5点台がありました。スケートアメリカのジャッジより厳しいのかも(笑)そして合計は62.68!!全体の中で唯一60点を越えてきました。2位を4点ほどリードして、1番滑走でトップを守りました。シニア世界大会デビューでショートプログラム1位。これは鮮烈なデビューになりましたね。明日のフリーも楽しみです。

Kimyuna2
(ショートプログラム1位、韓国の16歳金妍兒)

キム・ユナ 2006 スケートカナダSP
(動画です。ぜひご覧ください♪)

2位につけたのは日本の村主章枝です。ショートプログラムの曲はラヴェルの「ボレロ」。正統派と言える選曲、彼女に似合う曲になりそう。昨シーズンの情熱的なフラメンコ音楽とはまた違った魅力のあるプログラムになっていきそうです。

最初のジャンプは、トリプルルッツ+ダブルトウループのコンビネーション。柔らかな着氷で、いい出来だったと思います。結果から言うと村主とキム・ユナは大体4点差。最初のコンビネーションジャンプの点数の開き分と言ってもいいかもしれません。村主は7.50点、キムは10.30点を獲得していますからね。次はステップから入るトリプルフリップでした。その後見せたレイバックスピンは綺麗でしたね。村主はビールマンスピンを持っていませんが、十分に見るものを楽しませてくれるレイバックだったと思います。ポジションもスピードも良かった。スパイラルシークエンスも高い評価を受けました。ボレロは単調な曲なので、あまり音楽には助けてもらえませんから、自分が持っている技のひとつひとつで魅せていかないといけませんからね。最後のジャンプはダブルアクセル。ジャンプもそうですが、全体を通して安定したミスのない演技を見せています。終盤に向けて曲は少しずつ盛り上がってきます。フライングシットスピンではややマイナスの評価を受けました。ステップに入る前の(足換え)コンビネーションスピンは良かったです。チェンジフットもスムーズで、回転速度や安定感はしっかり保たれていました。残る要素はストレートラインステップシークエンス。エッジワークはとても正確で綺麗でしたし、上半身の動きもよかったですね。最後に持ってきただけあるなぁと思いました。

得点は、テクニカルエレメンツが30.84と金妍兒に差をつけられましたが、ジャンプの難易度の差でしょうね。プログラムコンポーネンツは27.62と村主が上回りました。シーズン序盤ですから、次のNHK杯ではもっといい演技を見せてくれるでしょう。TES,PCSとも平均して高得点を取れる選手ですからね。合計は58.52で2位となりました。フリーは「一大プロジェクト」だそうで、今からとても楽しみです。

Suguri2
(見事なボレロを踊り、SP2位につけた村主章枝)

村主章枝 2006 スケートカナダSP 「ボレロ」

3位はフィンランドのスザンナ・ポイキオ。村主と同い年のベテラン選手です。ジャンプはとてもしなやかで流れがありました。堅実な演技で表彰台を狙ってくると思います。4位は05Skate Canada優勝のアリッサ・シズニー。ジャンプで転倒してしまったのが痛かったです。それも、トリプルルッツが1回転になってしまった上に転倒ですから、かなりの得点ロス。ショートプログラムは必須エレメンツを詰め込んでいますから、1つのミスもかなり大きくなってしまいます。シズニーの見せ場はスピンやスパイラル。ぜひフリーの演技で注目してみてください。地元カナダのジョアニー・ロシェットは少し出遅れて5位になりました。グランプリファイナリストにもなったことのある選手ですから、フリーでは調子を戻してくると思います。

男子シングルでトップに立っているのは日本の高橋大輔。
フリーでも緊張せずに頑張ってほしいと思います。
世界チャンピオンのランビエールは転倒がありまさかの7位発進。
フリーは男子にも注目してみたいと思います。
スケートアメリカに続いて、金メダルが取れるか?日本☆

|

« 2006 Skate America★FS編★ | トップページ | 2006 Skate Canada★FS編★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174407/4086896

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 Skate Canada★SP編★:

« 2006 Skate America★FS編★ | トップページ | 2006 Skate Canada★FS編★ »